Home / サイト内検索 / 検索結果
キーワード: 喘息 期間: すべて 動物種: 限定しない 診療科目: 限定しない
19件中
 
11 - 19件
  • 自然発生性下部気道疾患の猫48頭における気管支鏡検査所見(2002-2009) 

    喘息" 、肺炎、または腫瘍のグループに分けた。気管支の異常と細胞の総数および分画をまとめたものをグループ間で比較した。結果猫の気管支炎/ 喘息、肺炎、および腫瘍に罹患した猫では気管支内の異常は一般的であり、鑑別出来るような特徴は認められなかった。過剰な粘液の貯留が多く認められ83%) 、次に…

    • 獣医雑誌要約(獣医雑誌要約速報)
    • 呼吸器科
    • 画像診断
    2011/05/10
  • あなたの診断は何ですか? 肺の過膨張 

    喘息の形態の症例報告肺の過膨張に関する概要- 呼気中のエアートラッピングに起因する- 呼気時に吸気時よりも気道径が小さくなる- 併発する閉塞性肺疾患のために閉塞が起こる可能性がある- 粘液貯留- 気管支狭窄- 異物- 吸気が排出されずに、貯留し透過性が亢進…

    • 獣医雑誌要約(獣医雑誌要約速報)
    • 呼吸器科
    2011/01/28
  • 猫における中毒性好中球:臨床的及び臨床病理学的特徴、有病率と予後--回顧的ケース・コントロール研究 

    喘息の発現率が有意に高かった。入院期間と治療費は中毒性好中球を呈した猫のほうが有意にP < .001) 高かった。中毒性好中球を呈した猫の53% と47% において、白血球数と好中球数がそれぞれ正常であり、 43% において異常所見あるいは左方移動の両方…

    • 獣医雑誌要約(獣医雑誌要約速報)
    • その他
    • 腫瘍科
    • 画像診断
    2007/01/26
  • アレルゲン感作された猫での気管支鏡検査による気流制限に対する気管支拡張剤 

    気道炎症の存在により、より重度になることが示唆される。吸入サルブタモール+ 臭化イプトロピウムは、 AS感作猫においてBALによる気管支閉塞を軽減したため、喘息の猫に対し気管支鏡検査を行う場合の予防的治療として推奨されるかもしれない。 . 気管支鏡検査気流制限気管支拡張剤…

    • 獣医雑誌要約(獣医雑誌要約速報)
    • その他
    • 呼吸器科
    • 画像診断
    2006/03/23
  • 猫の気管支喘息:治療 

    喘息の治療は、気管支拡張、炎症の抑制、そして正常な粘液クリアランスの回復に向けられている。そのため、開業医における治療では猫の気管支喘息の原因刺激物質の決定と除去を優先させるべきである。緊急処置としては、酸素吸入治療、グルココルチコイド、β2アドレナリン作用薬、メチルキサンチンなどが適用される事が多い。長期的治療…

    • 獣医雑誌要約(獣医雑誌要約速報)
    • その他
    • 呼吸器科
    2005/11/15
  • 猫の気管支喘息:病態生理と診断 

    呼気性呼吸困難などとして発現する可能性がある。疾病特有の臨床症状および/ または臨床病理検査値は特定されておらず、猫の気管支喘息の確定診断はヒストリー、身体検査所見、そして鑑別診断からの他の疾患の除外に基づいている。気管支喘息病態生理アドレナリン- コリン作用…

    • 獣医雑誌要約(獣医雑誌要約速報)
    • その他
    • 呼吸器科
    2005/11/15
  • 実験的に喘息を誘発させた猫において薬物療法が気道の炎症と過敏性、および免疫変数に及ぼす影響 

    喘息を誘発させた猫において、コルチコステロイドの経口投与プレドニゾン吸入コルチコステロイドフルニソリドロイコトリエン受容体拮抗薬ザファルカスト抗セロトニン作動薬シプロヘプタジンおよび対照物質が、喘息の表現型に及ぼす影響を比較すること。供試動物ギョウギシバ抗原BGA) を使って実験的に喘息を誘発させた猫6頭。方法…

    • 獣医雑誌要約(獣医雑誌要約速報)
    • その他
    • 呼吸器科
    2005/09/20
  • 猫の早期性腺摘出の長期的な危険性と利点 

    喘息、歯肉炎、および過活動性の発生は少なく、臆病であることが多かった。結論および臨床的意義5.5ヵ月齢未満での性腺摘出は、死亡率や放棄率の増加、また、いかなる重要な医学的または行動学的問題の発生率とも関連しておらず、特に雄猫ではある…

    • 獣医雑誌要約(獣医雑誌要約速報)
    • その他
    2004/03/12
  • ピリドスチグミン 

    併発している患者には、低容量での使用が必要かも知れないしかし、用量調節に対するガイドラインはないてんかん、気管支喘息、徐脈、甲状腺機能亢進症、不整脈、または消化性潰瘍の患者にこの薬剤を使用する際には、細心の注意を払うべきである。ピリドスチグミン抗コリンエステラーゼ薬重症筋無力症解毒剤…

    • 獣医雑誌要約(獣医雑誌要約速報)
    • その他
    2002/04/08

 

19件中
 
11 - 19件
VMN Live!外科手術映像ライブ配信サービス