トップに戻る

VMNスペシャルセミナー2015 内科スペシャルセミナー 「今だから聞ける 消化器と内分泌のスペシャリストからの診断、治療そして予後の真実」 Mark E. Peterson David Twedt

  • 講師紹介
  • 演題

この動画アーカイブは2017年10月1日よりVMN有料会員向け無料動画アーカイブとして公開を予定しております。

講師紹介

Mark E. Peterson

Dr. Mark E. Peterson

DVM, Dip. ACVIM
Director and Owner
Animal Endocrine Clinic
New York, New York

Mark E. Peterson

Dr. David C. Twedt

DVM, Diplomate ACVIM
Professor, Small Animal Medicine
Department of Clinical Sciences
Colorado State University
Fort Collins, Colorado

講師:Dr. Mark E. Petersonについて

Dr. Mark E. Petersonは1976年、ミネソタ大学において極めて優秀な成績で獣医学博士を授与され、主席で卒業。ニューヨークに移り、世界最大の動物病院であるアニマル・メディカル・センター(Animal Medical Center)でインターンシップとレジデントを修了した。その後ニューヨーク病院・コーネル医療センターで内分泌学および核医学の博士研究員過程を修了した。この研究員過程が米国国立衛生研究所に認められ資金が供給されることとなった。1981年には米国獣医内科学会(American College of Veterinary Internal Medicine)から内科専門医として認定された。

Dr. Petersonは30年にわたり、アニマル・メディカル・センターで内分泌学科および核医学科の科長を務めた。また、ペンシルバニア大学獣医学部の非常勤教授(1996年〜2000年)、ワイルコーネル大学医学部放射線学準教授(1983年〜2005年)、コーネル大学獣医学部の内科准教授(1982年〜1988年)を歴任した。

これまで30年以上にわたり、犬と猫の内分泌疾患の理解を推し進めることを目指し研究を進めてきており、特に猫の甲状腺機能亢進症および糖尿病、犬の甲状腺機能低下症、糖尿病、クッシング症候群、アジソン病に興味を寄せている。Dr. Petersonは猫の甲状腺機能亢進症を初めて文献に記述した獣医師であり(1979年)、甲状腺機能亢進症の猫を放射性ヨウ素で治療した(1980年)最初の獣医師でもある。また、甲状腺機能亢進症に加え、先端巨大症、副甲状腺機能低下症、インスリノーマ、アジソン病などの、猫における数々の“新しい”疾患を最初に文献で記述した人物である。

Dr. Peterson の臨床研究や臨床上の発見を称え、ビーチャム高度研究賞(1985年)、ラルストンピュリナ小動物研究賞(1987年)、猫の医学に対する優れた貢献に対するカーネーション賞(1988年)、ニューヨーク市獣医師会(VMA)のメリット賞(1989年)、小動物診療に対する優れた貢献に対する英国小動物獣医師会(BSAVA)のブージェラ賞(1993年)、小動物内分泌学に関する知識の伸展における卓越性に対するダニエルズ賞(1991〜1997年、1999年、および2001年)、ウィン猫基金が出資しアメリカ獣医学基金が授与した猫研究優秀賞(1997年)、アニマル・メディカル・センターの年間功労者賞(1998年)、四半世紀以上にわたる献身的な犬猫の内分泌疾患研究に対するバイダウィー協会の優秀博愛事業賞(2002年)など、複数の賞を受賞している。また、ニューヨーク市獣医師会(NYC VMA)の獣医学に対する優秀事業賞(2008年)、同じくニューヨーク市獣医師会から会長感謝状(2011年)、ニューヨーク州獣医師会から会長感謝状(2011年)を授与されている。最近では、ニューヨーク市獣医師会より2012年の最優秀獣医師に指名された(2012年)。

Dr. Peterson は480件を超える論文や研究抄録、書籍の章を発表・出版しており、小動物内分泌学の主要な教科書など、複数の編集にも携わっている。その業績には500を超える講義があり、米国だけでなく海外でも数多く獣医学や医学に関するセミナーで講演している。

また、獣医療の組織化や獣医学の卒後教育にも深く関わっており、比較内分泌学会(Society of Comparative Endocrinology)の設立メンバーであり、初代会長でもある。2006年から2012年まで、ニューヨーク市獣医師会(NYC VMA)の執行委員会の委員を務め、その間に卒後教育プログラム委員会のトップとして委員会を率いた。2010年から2011年まではNYC VMAの会長として貢献した。

2001年、ニューヨーク市から約35マイル(約56 km)北に位置するニューヨーク州ベッドフォードヒルズに、甲状腺機能亢進症の猫を放射性ヨウ素で治療するための施設であるHypurrcatを設立。2005年には拡大のため同地域内で移転。この新しい施設ではAnimal Endocrine Clinicも設立し、核医学画像検査センターを開設するために必要な核医学設備も整備した(動物用核医学画像検査)。

2009年にはニューヨーク市マンハッタンのアッパー・ウエスト・サイドにオフィスを開設。現在は、ベッドフォードヒルズのオフィスでもニューヨーク市のクリニックでも内分泌疾患の患者を診察している。いずれのクリニックにも甲状腺機能亢進症の猫を放射性ヨウ素で治療するためのHypurrcat施設を設置している。

2013年、 Dr. Petersonは、猫の疾患を扱うトップクラスの獣医学科学誌であるJournal of Feline Medicine and Surgeryの編集委員に就任。また、国際的かつ科学的な、獣医科学に関するオープンアクセスジャーナルの2つである、Veterinary SciencesおよびE-Cronicon Veterinary Scienceの編集委員も務めている。

講師:Dr. David C. Twedt について

Dr. David C. Twedt はアイオワ州立大学を卒業し、ニューヨーク市のアニマル・メディカル・センター(Animal Medical Center) の消化器科でインターンシップおよびレジデントを修了した。アニマル・メディカル・センターの職員となり、アルベルト・アインシュタイン医学校肝臓研究センターの助手も務めた。

現在ACVIMの専門医であり、コロラド州立大学臨床科学科教授および獣医内視鏡教育センターのセンター長を務めている。Dr. Twedt はACVIM内科専門部門および比較消化器学会の会長を務めた経歴があり、公表文献や研究の関心は、肝臓、消化器疾患、内視鏡検査に向けられている。2008年に出版された、Current Veterinary Therapy第14版の共編者でもある。

複数の教育賞の受賞者でもあり、2013年にWASAVA(世界小動物獣医師学会)の International Award for Scientific Achievement(国際科学的成果賞)(この賞はコンパニオンアニマルの疾患に関する専門知識の向上に貢献した獣医師を表彰するものである)の受賞以外にも、Distinguished Contemporary Faculty Award(現代優秀教授陣賞)、Norden-Pfizer Distinguished Teacher Award(ノルデン‐ファイザー優秀教育者賞)、Innovative Instructional Methodology Award(革新的教育方法賞)を受賞している。

1999年、コロラド獣医師会はOutstanding Faculty Award(優秀教授陣賞)を贈り、2000年にはNorth American Veterinary Conference Small Animal Program Speaker of the Year(北米獣医師学会 小動物プログラム 年間最優秀演者)に選ばれた。また、アイオワ州立大学(ISU)獣医学部の関係者に授与される最高の栄誉である、Iowa State University's Stange Award (ISUシュタンゲ賞)も授与されている。

演題・タイムテーブル

10月11日(日)
9:00〜18:00
1. 肝疾患に対する臨床アプローチ
講師:Dr. David C. Twedt
2. 糖尿病患者のためのインスリンと食事の選択:最も効果的なプロトコールとは?
講師:Dr. Mark E. Peterson
3. 犬の慢性肝炎
講師:Dr. David C. Twedt
10月12日(月・祝)
9:00〜18:00
1. 副腎皮質機能亢進症(クッシング病):診断と治療の最新情報
講師:Dr. Mark E. Peterson
2. 猫の肝疾患
講師:Dr. David C. Twedt
3. 猫の甲状腺-機能亢進症と機能低下症:診断と治療の最新情報
講師:Dr. Mark E. Peterson
特定商取引法に関する表示
セミナーについてのお問合せは「個人情報の取り扱いについて」ご同意の上お問合せください。
[ お問合せフォーム ]
電話 : 0120-181870 (10:00〜17:00土日祝日を除く)
FAX : 0120-440964