トップに戻る

VMNスペシャルセミナー2015 内科スペシャルセミナー 「今だから聞ける 消化器と内分泌のスペシャリストからの診断、治療そして予後の真実」 Mark E. Peterson David Twedt

  • 講師紹介
  • 演題
  • 動画アーカイブ

ベイサイドアニマルクリニック 瀬戸口明日香先生
世界的権威である Dr. Mark Peterson と Dr. David Twe.dt のお二方を米国よりお迎えして開催した「VMN内科スペシャルセミナー2015」のアーカイブ動画が公開されました。VMNのコンサルタントでもお馴染みの瀬戸口明日香先生からの推薦コメントが届きましたのでご紹介します。
 2015年10月11-12日の両日にかけて「消化器と内分泌のスペシャリストからの診断、治療そして予後の真実」と題されたセミナーが開催されました。講演者はスペシャリスト中のスペシャリスト、Peterson先生とTwedt先生です。お二方とも獣医内科学に興味のある先生なら一度はお名前を目にした事があるのではないでしょうか?こんな豪華なラインナップでのセミナーを逃す手はない!!と出勤予定を無理に変更していただき、両日とも参加させていただきました。
 期待通り、大変内容の充実したセミナーであり、セミナー後の質疑応答でも丁寧にお答えいただけたことで、これまでに抱えていたモヤモヤが晴れた気がします。(セミナーは講師の人柄が反映されるのですが、お二方とも優しく、紳士でいらっしゃいました。)
 さて、本題のセミナー内容についてですが・・・・詳細はアーカイブをご覧いただくとして「製造中止だったり、新しいものがでたり、一体どんなインスリンを使えばよいかわからない!」「血液検査をしてみたら肝パネルが高かった。どうしたらよい?」という疑問をお持ちの先生、答えはセミナーの中にありますのでお楽しみに。
 内科疾患が苦手という先生は、まず様々な疾患について学ぶためにセミナー内容をご活用ください。内科疾患は得意でという先生は、知識の整理と、セミナー各所にちりばめられた最新情報をお楽しみいただければと思います。いずれにせよ、非常に贅沢な内容であることは間違いありません。
視聴申込みがお済みの方はログインしてご覧ください。

講師紹介

Mark E. Peterson

Dr. Mark E. Peterson

DVM, Dip. ACVIM
Director and Owner
Animal Endocrine Clinic
New York, New York

Mark E. Peterson

Dr. David C. Twedt

DVM, Diplomate ACVIM
Professor, Small Animal Medicine
Department of Clinical Sciences
Colorado State University
Fort Collins, Colorado

講師:Dr. Mark E. Petersonについて

Dr. Mark E. Petersonは1976年、ミネソタ大学において極めて優秀な成績で獣医学博士を授与され、主席で卒業。ニューヨークに移り、世界最大の動物病院であるアニマル・メディカル・センター(Animal Medical Center)でインターンシップとレジデントを修了した。その後ニューヨーク病院・コーネル医療センターで内分泌学および核医学の博士研究員過程を修了した。この研究員過程が米国国立衛生研究所に認められ資金が供給されることとなった。1981年には米国獣医内科学会(American College of Veterinary Internal Medicine)から内科専門医として認定された。

Dr. Petersonは30年にわたり、アニマル・メディカル・センターで内分泌学科および核医学科の科長を務めた。また、ペンシルバニア大学獣医学部の非常勤教授(1996年〜2000年)、ワイルコーネル大学医学部放射線学準教授(1983年〜2005年)、コーネル大学獣医学部の内科准教授(1982年〜1988年)を歴任した。

これまで30年以上にわたり、犬と猫の内分泌疾患の理解を推し進めることを目指し研究を進めてきており、特に猫の甲状腺機能亢進症および糖尿病、犬の甲状腺機能低下症、糖尿病、クッシング症候群、アジソン病に興味を寄せている。Dr. Petersonは猫の甲状腺機能亢進症を初めて文献に記述した獣医師であり(1979年)、甲状腺機能亢進症の猫を放射性ヨウ素で治療した(1980年)最初の獣医師でもある。また、甲状腺機能亢進症に加え、先端巨大症、副甲状腺機能低下症、インスリノーマ、アジソン病などの、猫における数々の“新しい”疾患を最初に文献で記述した人物である。

Dr. Peterson の臨床研究や臨床上の発見を称え、ビーチャム高度研究賞(1985年)、ラルストンピュリナ小動物研究賞(1987年)、猫の医学に対する優れた貢献に対するカーネーション賞(1988年)、ニューヨーク市獣医師会(VMA)のメリット賞(1989年)、小動物診療に対する優れた貢献に対する英国小動物獣医師会(BSAVA)のブージェラ賞(1993年)、小動物内分泌学に関する知識の伸展における卓越性に対するダニエルズ賞(1991〜1997年、1999年、および2001年)、ウィン猫基金が出資しアメリカ獣医学基金が授与した猫研究優秀賞(1997年)、アニマル・メディカル・センターの年間功労者賞(1998年)、四半世紀以上にわたる献身的な犬猫の内分泌疾患研究に対するバイダウィー協会の優秀博愛事業賞(2002年)など、複数の賞を受賞している。また、ニューヨーク市獣医師会(NYC VMA)の獣医学に対する優秀事業賞(2008年)、同じくニューヨーク市獣医師会から会長感謝状(2011年)、ニューヨーク州獣医師会から会長感謝状(2011年)を授与されている。最近では、ニューヨーク市獣医師会より2012年の最優秀獣医師に指名された(2012年)。

Dr. Peterson は480件を超える論文や研究抄録、書籍の章を発表・出版しており、小動物内分泌学の主要な教科書など、複数の編集にも携わっている。その業績には500を超える講義があり、米国だけでなく海外でも数多く獣医学や医学に関するセミナーで講演している。

また、獣医療の組織化や獣医学の卒後教育にも深く関わっており、比較内分泌学会(Society of Comparative Endocrinology)の設立メンバーであり、初代会長でもある。2006年から2012年まで、ニューヨーク市獣医師会(NYC VMA)の執行委員会の委員を務め、その間に卒後教育プログラム委員会のトップとして委員会を率いた。2010年から2011年まではNYC VMAの会長として貢献した。

2001年、ニューヨーク市から約35マイル(約56 km)北に位置するニューヨーク州ベッドフォードヒルズに、甲状腺機能亢進症の猫を放射性ヨウ素で治療するための施設であるHypurrcatを設立。2005年には拡大のため同地域内で移転。この新しい施設ではAnimal Endocrine Clinicも設立し、核医学画像検査センターを開設するために必要な核医学設備も整備した(動物用核医学画像検査)。

2009年にはニューヨーク市マンハッタンのアッパー・ウエスト・サイドにオフィスを開設。現在は、ベッドフォードヒルズのオフィスでもニューヨーク市のクリニックでも内分泌疾患の患者を診察している。いずれのクリニックにも甲状腺機能亢進症の猫を放射性ヨウ素で治療するためのHypurrcat施設を設置している。

2013年、 Dr. Petersonは、猫の疾患を扱うトップクラスの獣医学科学誌であるJournal of Feline Medicine and Surgeryの編集委員に就任。また、国際的かつ科学的な、獣医科学に関するオープンアクセスジャーナルの2つである、Veterinary SciencesおよびE-Cronicon Veterinary Scienceの編集委員も務めている。

講師:Dr. David C. Twedt について

Dr. David C. Twedt はアイオワ州立大学を卒業し、ニューヨーク市のアニマル・メディカル・センター(Animal Medical Center) の消化器科でインターンシップおよびレジデントを修了した。アニマル・メディカル・センターの職員となり、アルベルト・アインシュタイン医学校肝臓研究センターの助手も務めた。

現在ACVIMの専門医であり、コロラド州立大学臨床科学科教授および獣医内視鏡教育センターのセンター長を務めている。Dr. Twedt はACVIM内科専門部門および比較消化器学会の会長を務めた経歴があり、公表文献や研究の関心は、肝臓、消化器疾患、内視鏡検査に向けられている。2008年に出版された、Current Veterinary Therapy第14版の共編者でもある。

複数の教育賞の受賞者でもあり、2013年にWASAVA(世界小動物獣医師学会)の International Award for Scientific Achievement(国際科学的成果賞)(この賞はコンパニオンアニマルの疾患に関する専門知識の向上に貢献した獣医師を表彰するものである)の受賞以外にも、Distinguished Contemporary Faculty Award(現代優秀教授陣賞)、Norden-Pfizer Distinguished Teacher Award(ノルデン‐ファイザー優秀教育者賞)、Innovative Instructional Methodology Award(革新的教育方法賞)を受賞している。

1999年、コロラド獣医師会はOutstanding Faculty Award(優秀教授陣賞)を贈り、2000年にはNorth American Veterinary Conference Small Animal Program Speaker of the Year(北米獣医師学会 小動物プログラム 年間最優秀演者)に選ばれた。また、アイオワ州立大学(ISU)獣医学部の関係者に授与される最高の栄誉である、Iowa State University's Stange Award (ISUシュタンゲ賞)も授与されている。

演題・タイムテーブル

10月11日(日)
9:00〜18:00
視聴申込 視聴申込
1. 肝疾患に対する臨床アプローチ
講師:Dr. David C. Twedt
2. 糖尿病患者のためのインスリンと食事の選択:最も効果的なプロトコールとは?
講師:Dr. Mark E. Peterson
3. 犬の慢性肝炎
講師:Dr. David C. Twedt
10月12日(月・祝)
9:00〜18:00
視聴申込 視聴申込
1. 副腎皮質機能亢進症(クッシング病):診断と治療の最新情報
講師:Dr. Mark E. Peterson
2. 猫の肝疾患
講師:Dr. David C. Twedt
3. 猫の甲状腺-機能亢進症と機能低下症:診断と治療の最新情報
講師:Dr. Mark E. Peterson

動画アーカイブ

動画アーカイブを公開しました
ログイン

サンプル動画(無料)

下記は、実際の有料動画アーカイブに収録された動画のひとつです。このセミナーの全体像について触れらていますので、よろしければご覧下さい。
スペシャルセミナー2015 内科スペシャルセミナー 有料動画アーカイブをご覧頂くにはAdobe Flash Player(R)(無料)がパソコンにインストールされている必要があります。
テスト動画をご覧いただけない場合は、下のボタンをクリックして最新のソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
サンプル動画:VMNスペシャルセミナー2015 内科スペシャルセミナー
「今だから聞ける 消化器と内分泌のスペシャリストからの診断、治療そして予後の真実」トピック1 vol.01

有料動画アーカイブの視聴申込み方法

このセミナーの動画アーカイブの視聴にはお申込み(有料)が必要です

このセミナーの動画アーカイブについては、ご希望の日についてお申込み(有料)いただくことで、視聴できるようになります。
セミナーに会場参加されたVMN有料会員の方は、視聴申込みいただくことで、参加した日の有料動画アーカイブを無料視聴できます。
セミナーに会場参加されたVMN非会員でVMN有料会員に新規登録いただいた方は、参加した日の有料動画アーカイブを無料視聴できます
セミナーに視聴参加された方は、お届けする視聴会員番号で、参加した日の有料動画アーカイブを無料視聴できます
有料動画アーカイブの視聴をお申込みになる前に
お申し込みいただく際には、サンプル動画が再生できることを事前にご確認ください。 サンプル動画を見る
MP4形式での配信となります。下記の環境でご視聴いただけます。
Windows 7以降 Internet Explorer 9以降、Chrome 最新版、Firefox 最新版
※Adobe Flash Player(無償)のインストールが必要です。
Mac OS X 10.6.8以降 Safari 最新版、Chrome 最新版、Firefox 最新版
※Adobe Flash Player(無償)のインストールが必要です。
iPad、iPhone iOS 6以降 Safari
Android 4以降 標準ブラウザ、Chrome
有料動画アーカイブの視聴料金について
有料動画アーカイブ無料視聴特典のご案内
セミナーに会場参加されたVMN非会員の方は、VMN有料会員に新規登録していただくことで、参加した日の有料動画アーカイブを無料視聴できます。
  • ・お申込みはVMN有料会員への新規会員登録を伴います。ご了承ください。
  • ・VMN有料会員へのお申込みの流れの中で、参加した日の有料動画アーカイブを無料視聴できる特典が申し込まれます。
  • ・VMN有料会員へのお申込み後30日間は、通常の新規会員登録と同じく無料でVMNサイトをご利用いただけます。
VMN有料会員期間が3ヶ月に満たずVMN無料会員などへの会員種別変更や
退会手続きをされた場合には、通常の有料動画アーカイブ視聴代金が発生します。ご了承ください。
参加しなかったセミナーについて視聴申込みする場合
VMN有料会員 10,000円(税別)/セミナー1日分
VMN非会員 15,000円(税別)/セミナー1日分
VMN有料会員 :VMNのすべての有料会員・VMN学生会員・ヒストベット会員・院長がVMN有料会員である病院の獣医師を含む。
VMN非会員 :VMNの会員でない方・VMN無料会員・30日間お試し会員を含む。
参加したセミナーについて視聴申込みする場合
会場参加されたVMN有料会員の方 無料(視聴申込が必要です)
会場参加されたVMN非会員の方 15,000円(税別)/セミナー1日分 または 無料視聴特典
視聴参加されたすべての方 無料(お手元に視聴情報が届きます)
セミナーに視聴参加された方で、お手元に視聴情報が届がない場合には、事務局にお問合せください。  事務局へのお問合せ
視聴申込 視聴申込 視聴申込
お支払い方法について
セミナーに会場参加されたVMN有料会員
視聴申込みの際にVMNログインしていただくと、無料でご視聴いただけるようになります。

セミナーに参加されなかったVMN有料会員
ご登録されている引き落し口座からの決済、または銀行振込による前払いをお選びいただけます。
詳細はお申込み完了後に送信される確認メールに記載しておりますのでご確認ください。

ヒストベット会員
銀行振込により前払いをお願い致します。
詳細はお申込み完了後に送信される確認メールに記載しておりますのでご確認ください。

院長がVMN有料会員である病院の獣医師
ご登録されている引き落し口座からの決済、または銀行振込による前払いをお選びいただけます。
詳細はお申込み完了後に送信される確認メールに記載しておりますのでご確認ください。

その他(VMN非会員・VMN無料会員・30日間お試し会員・学生会員)
銀行振込により前払いをお願い致します。
詳細はお申込み完了後に送信される確認メールに記載しておりますのでご確認ください。
お申込みの流れ
有料動画アーカイブの視聴料金、お支払い方法、動画の視聴環境などについてご確認いただいた上でお申込みください。
お申込みいただいてから視聴できるようになるまで、手続き上の関係で一定のお時間がかかります。ご了承ください。
視聴申込 視聴申込 視聴申込


特定商取引法に関する表示
セミナーについてのお問合せは「個人情報の取り扱いについて」ご同意の上お問合せください。
[ お問合せフォーム ]
電話 : 0120-181870 (10:00〜17:00土日祝日を除く)
FAX : 0120-440964