Home / VMN セミナー情報 / CCRP テネシー大学公式認定『犬の理学リハビリテーションセミナー』のご案内

VMN セミナー情報

CCRP テネシー大学公式認定『犬の理学リハビリテーションセミナー』

テネシー大学が提供している犬の理学リバビリテーション施術者のための認定プログラムの日本における公式セミナーのご案内です。

犬の理学リハビリテーションセミナーとは

獣医療先進国である米国でも急速に関心を集めている小動物の理学リハビリテーション。 テネシー大学が提供している犬の理学リハビリテーション施術者のための認定プログラムの日本における公式セミナーとなります。

このプログラムは、獣医師(または獣医師を目指す学生)、理学療法士およ動物看護師のために、テネシー大学大学院で開催されているカリキュラムです。コースは開業医に対し、犬のリハビリテーションの臨床応用への理論的基礎を習得するように設計されています。

テネシー大学公認 CCRP (Certified Canine Rehabilitation Practitioner) の認定は下記の流れです。

  • テネシー大学のオファーする講義(日本では現在全4回に分けて実施)を全て受講すること。
  • 受講後、5症例のケーススタディ(整形外科症例を2症例、神経症例を2症例、自分で選択した症例を1症例)を指定のフォーマットに則り作成し、指定期限までに提出。
  • 認定試験(筆記試験及び口頭試験)。筆記試験は150問の多項選択式。
  • 口頭試験の一部は提出して頂いた5症例から1症例を選びそのプレゼンテーションとなります。

セミナーには逐次通訳がつきます。

日本開催の弊社主催のセミナーを受講された方は、提出するケーススタディー5症例の内、整形症例1症例・神経症例1症例の2症例を英語で、整形症例1症例・神経症例1症例に加えて、自分で選択した1症例の合計3症例を日本語で作成して頂くことが可能です。

日本開催の弊社主催のセミナーを受講された方は、筆記試験は日本語で実施、口頭試験についても認定の通訳がつきます。

セミナー受講資格者:獣医師、獣医学部学生、理学療法士、動物看護士

セミナー情報

講師 Darryl L. Millis, MS, DVM
Diplomate ACVS, CCRP, Diplomate ACVSMR
Professor of Orthopedic Surgery
The University of Tennessee
参加対象者 獣医師、獣医学部学生、理学療法士、動物看護士
資格取得の流れについて
1. 講義への参加

テネシー大学のオファーする講義を全て受講すること。
日本(弊社主催)では現在全4回に分けて実施。

コース1
※オンライン受講
コース2
※オンライン受講
※ セミナーには逐次通訳がつきます。
※ コース1を受講後、コース2、コース3についてはどちらからでも受講できます。
※ コース4、コース5については、ふたつで1つのコースとなります。
2. ケーススタディ(5症例)を提出

受講後、5症例ケーススタディを指定のフォーマットに則り作成し、指定期限までに提出。弊社主催のセミナーを受講された方は、下記の条件で作成可能。

3. CCRP 認定試験(筆記試験及び口頭試験)
1. 症例プレゼンテーション(提出したら5症例から1症例を選択)
2. 筆記試験(150問の多項選択式)
3. 口頭実技試験

※ 日本開催の弊社主催のセミナーを受講された方は、筆記試験は日本語で実施。
  口頭試験についても認定の通訳がつきます。

CCRP 認定(合格)
各コース
講義内容

まずコース1を受講ください。その後はコース2、コース3どちらからでも受講いただけます。
コース4、コース5については、ふたつで1つのコースとなります。

コース1
(オンライン受講)
1-なぜ理学リハビリテーションなのか?
2-犬のリハビリテーション入門
3-廃用および再可動化に対する筋骨格組織の反応
4-犬の骨学と関節学
5-犬の筋学
6-神経解剖学
7-一般的な神経学的病態
8-後肢の一般的な疾患
9-前肢の一般的な疾患
10-犬の行動学とハンドリング
11-犬の検査
12-整形外科学的評価
13-神経学的検査
14-チームアプローチ/始めてみよう
受講画面の例
コース2
(オンライン受講)
1-急性および慢性炎症
2-規制に関する問題
3-物理療法・モダリティ
4-療法としての加熱の原則
5-療法としての冷却の原則
6-小動物臨床における超音波療法
7-電気療法
8-レーザー治療
9-体外衝撃波療法
10-幹細胞と再生医療
11-小動物臨床におけるマッサージ
受講画面の例
コース3 ・理学療法の基礎科学:解剖学とバイオメカニクス
・運動療法
・水中運動
・訓練の運動学的評価
・固有感覚訓練
・関節モビライゼーション
コース4 ※ ・症例検討・ディスカッション
コース5 ※ ・「犬の変形性関節症と神経学 V」序説
・軟骨の構造と機能
・変形性関節症の病態生理学
・変形性関節症の栄養学的管理
・変形性関節症の治療に適用される理学療法の様式
・変形性関節症の治療薬
・変形性関節症の運動療法
・変形性関節症の代替療法
・神経学的検査
・一般的な神経疾患
・神経学患者への看護
・IVDD(椎間板疾患)の症例
 椎間板疾患に対するリハビリテーションのサンプル症例

※コース4、コース5については、ふたつで1つのコースとなります。

お申込みの流れについて
1. お申込み

WEBサイトから:
開催が決まり次第、ご案内ページにお申込みボタンをご用意致します。
ボタンを押して申込フォームからお申込みください。
オンラインにて受講いただけるコース1、コース2については常時お申込みを受け付けております。

メールから:
お問合せは常時お受けいたしております。
ご不明な点がございましたらこちらからご質問ください。

2. 参加確認メールご送付

参加概要やお支払いの方法を記載した参加確認のメールをお送り致します。

3. 参加費お振込み

参加費は事前振込みとさせていただきます。
お振込み等の詳細は参加確認のメールをご参照ください。

受 講
参加費
VMN有料会員 : VMN有料会員 院長がVMN有料会員である病院の獣医師
VMN非会員  : VMN会員ではない方 VMN無料会員 試行会員 学生会員

※ 受付日までにVMN有料会員登録をされた場合は会員料金にて受講頂けます。
  この機会に、ぜひご登録ください。

オンライン受講料
講演参加費
  • コース3コース4/5 それぞれ
    VMN有料会員 VMN非会員
    ¥200,000(税別) ¥250,000(税別)
  • 各コースとも受講の度にテネシー大学への登録料(40ドル)が別途必要となります。
CCRP 5症例 評価費
  • VMN有料会員 VMN非会員
    ¥24,000(税別) ¥30,000(税別)
CCRP 認定試験(筆記、プレゼンテーション、及び口頭) 受験費
  • VMN有料会員 VMN非会員
    ¥102,000(税別) ¥127,500(税別)

※ 本セミナーに限りまして、受講料は事前振込みとさせていただきます。
ご注意

ペット・ベット社が提供しているCCRP テネシー大学公式認定『犬の理学リハビリテーションセミナー』(CCRP育成プログラム)は、小社がテネシー大学から公式に許諾を得て日本で開催している唯一のセミナーであり、セミナーの内容・シラバスのコンテンツ等の著作権は全てテネシー大学に属します。テネシー大学の許可なくこれらを利用することは著作権に抵触しますのでご留意ください。

CCRP テネシー大学公式認定
『犬の理学リハビリテーションセミナー』
に関するお問合せ
不明な点がございましたら、
お問合せよりご質問ください。

TEL : 0120-181870
(10:00〜17:00 土・日・祝日を除く)
コース1・2 オンライン受講
ID・パスワードをお持ちの方は、
下記のページからログインして
受講してください。
ログイン後、コース1を受講する場合は
Canine I
犬のリハビリテーション入門
コース2を受講する場合は
Canine II
物理療法および電気療法モダリティ
にお進みください。